つまらない

2すとりーとの動画のお悩み相談で、あるエステティシャンの悩みが紹介されていました。そのひとは、元々友だちがいないほうなのに、会社から営業しろと迫られているということです



それにはゆうきさんが率先して答えました。なんと、その上司は嫌われていると思うのでほかに悪口を言い合える仲間を作りましょう、というではありませんか

オネエらしい竹を割るような解答に驚きながら、わたしは思考が晴れるのを感じました
友だちがいないひとは悪口を言えない「いいひと」だったのです


いいひとに話しかけられると、ついびっくりしておなじ調子になってしまうので、流されぬよう、具体的に彼らの特徴をまとめてみたいと思います














(友だちはみんな変でキモいものです。じぶんもステータスにならないキモいことをしたいところです)










友だちがいないひとは……


・挨拶をする

挨拶をしないで、目を合わせたり、「おっ、いるね」というだけで済ませるのが友だちです。わざわざ仕事以外で挨拶をするのは、じぶんはより常識がある、というアピールになってしまいます


・悪口を言わない

そのひとがだれを嫌いなのかわかると、周囲も話しかけやすいのですが、残念なことに、ひとに好かれたかったら悪口を言わないようにすることは一般的とされています。それではだれの味方でもないことになります。逆に、だれの悪口でも言いすぎる、ということでも同じく友だちがいないでしょう。愛のないむやみな悪口は、犯罪の概念のない困ったひと、という扱いを受けます


・相手の趣味を褒める

変な趣味ではないひとなどいません。友だちなら褒めずに変だと言うか、びっくりしすぎて触れないという反応をします。相手の持ち物を褒めるなどは、よく聞く友だちを作る方法ですが、「かわいい」しか言わないようになってしまってつまらないですね


・いろいろなことに挑戦する

趣味とは、キモオタになりたくて無欲で行っていると応援されやすいのですが(だからかわいいと言わなくていいんです)、人望のないタイプは、ステータスとするために、趣味の場に欲をもって来てしまいます。ひとの才能をキモがるどころか「変わった知り合いがいるわたしがすごい」と横取りすることになります


・メッセージが一つ一つ長文

友だちとは、適当にしていたら友だちと呼べるようなひとができていた、というものなので、メッセージは短文が基本です。しかし挨拶ができる善人は、ひとつのDMがメッセージカードのように凝っていて、長文です。やはりここでも、わたしのカードのほうがかわいい、と敵意を捨てられずにいるのがわかります


・とても控えめ

敵意が捨てられないと、相手もそうだと思って臆病になってしまいます。もちろんしつこいウォーターサーバーやトルコアイスなどとは鉢合わせないよう、避けたらいいのですが、なんでもない日本人のカフェの呼び込みにまで怯えきって、逃げ回っています。どれだけ後ろめたいことがあるの……?


・ネット上の名前が食べ物

いいひとは揃ってニックネームが「あんこ」「きのこ」「たまご」などの食べ物だと思います。ネット上でさえも「かわいい」と直リプしまくり、DMでは「初心者ですがよろしくお願いします」と挨拶してしまい、ひとが苦労して編み出した作風に「こういうのは初めて見ましたがとても好きです」といって横取りしてしまうのです


・受けが健気ないい子

最後に、これは腐女子だけのことで恐縮ですが、ことさら健気な受けを描く女性はリア友がいません。献身的なじぶんが報われてほしくて受けに自己投影しているのですが、そんなに押しつけがましいとリアルの旦那、彼氏に悪役を背負わせていないか、かわいそうになります。表で悪口を言わない分、陰でパートナーに当たっているのも特徴です






ちなみに、いいひとでいようとすると裏目に出てしまう、というのはユトレヒト大学の研究にもあるそうです

コメント

人気の投稿